Kosen Spaceへの接続方法

Kosen Spaceへの接続方法

Kosen Spaceではファイルの転送およびSQLサーバへの接続に、公開鍵認証方式を採用しています。
*SQLサーバへの接続はSSHポートフォワーディングを利用

通常のホスティングサービスとは接続方法が少し違うため、本ページにて接続方法をご説明させて頂きます。

Windowsの場合

ファイルの転送方法

Kosen Spaceでは、ファイルの転送にWinSCPを推奨しています。

ユーザ登録時に、WinSCPをインストールしているはずですので、そのまま起動してください。

WinSCP

WinSCPを立ち上げると、上図の様なログインウィンドウが表示されます。

「転送プロトコル」を「SFTP」、「ホスト名」を「kosen.space」と選択、入力します。

ユーザ名には登録完了時に伝えられるユーザ名を入力します。例では「test」ユーザを利用しています。

ここまで設定できたら、「設定(D)」をクリックします。

WinSCP

「高度なサイトの設定」ウィンドウが表示されますので、「認証」をクリックし、「秘密鍵」欄右にある「…」をクリックして、ユーザ登録時に生成した秘密鍵を指定します。

WinSCP

秘密鍵がセットされますので、「OK」をクリックします。

WinSCP

ここまで完了したら「保存」をクリックします。

WinSCP

「セッションの保存名」ウィンドウが表示されますので、「OK」をクリックします。

WinSCP

すると、サイドバーに設定が保存されます。次回以降はこのサイドバーに保存された「ユーザ名@kosen.space」をクリックして、「ログイン」ボタンをクリックするだけでログインできるようになります。

設定の保存が完了したら、「ログイン」をクリックします。

WinSCP

はじめてサーバにログインした時のみ「不明なサーバーへの接続を続行し、ホストキーをキャッシュしますか?」と表示されますので「はい」をクリックします。

WinSCP

上記のようにサーバに正常に接続できれば準備完了です。「public_html」ディレクトリがWEBルートになりますので、このディレクトリの中にWEBサーバで公開したいコンテンツを転送してください。

SQLサーバへの接続

2018年4月2日より、データベースサーバへ直接ご利用のパソコンからログインできるようになりました。

アカウント作成後、SFTPでアクセスして頂き「database.txt」の中身をご確認ください。

macOS

今しばらくお待ちください

Linux

今しばらくお待ちください